ヒアルロン酸とコンドロイチンが含まれる食品は

サプリメントで、ヒアルロン酸とコンドロイチンが配合されたものがあります。 ヒアルロン酸は肌のハリやしわ、たるみに効果があるものと認識している人が多いですが、皮膚だけでなく関節や筋肉、腱、脳などにも含まれているもので、 減ってくると皮膚だけでなく体を動かす機能も衰えてきます。年齢を重ねると膝が痛んで歩けないといった症状があらわれることがあります。 変形性膝関節症というもので、膝の関節の軟骨がすり減ってしまい、痛みが出るものです。年齢を重ねるごとに膝が痛むというのはこのことです。 関節には軟骨と関節液があり、関節液はヒアルロン酸でできています。軟骨と関節液は、水を吸ったスポンジのような状態だとイメージしてください。 膝の関節の場合、膝に体重をかけるとスポンジのような軟骨が押し合って関節液が押し出されます。体重がかからない時は、関節液を吸収します。 この関節液を吸収する働きをするのがコンドロイチンです。ヒアルロン酸とコンドロイチンは切っても切れないものなのです。

コンドロイチンは食品から摂取できないのかというと、できないことはありません。 これが含まれている食品は、オクラや山芋、すっぽん、ふかひれなどがあり、ヒアルロン酸が含まれていると言われる食品と同じなのです。 しかしコンドロイチンは食品にはごく少量しか含まれていないので、食品から摂取するのは難しいのです。 そのため、体に必要な十分な量を摂取するには、サプリメントを利用した方が効率的です。

コンドロイチン単独でのサプリメントはあまりなく、ヒアルロン酸やグルコサミンなどが一緒に配合されているものが多いです。 皮膚や関節などに有効成分を十分に行き渡らせようとするなら、いくつかが配合されたものを選ぶ方が良いでしょう。 それぞれ単独で摂取するよりも、一緒にした方が効率も良く、効果的と言えます。サプリメントは薬ではありませんので、飲んですぐ効果があらわれるものではありません。 気長に続けることが大切です。

            

ページの先頭へ